road_night3.jpg

​とある平和な村に

人の姿をした

残酷な狼が潜んでいる...

人狼ゲームは、市民側と人狼側の2つの陣営にわかれて、

お互いに正体を探りながら自分を勝利へと導くテーブルトークゲームです。

​一般的な人狼ゲーム(アナログ)のルールをかんたんに説明します。

​ゲームの目的

市民側:全ての人狼側のプレイヤーを脱落させること。

人狼側:全ての市民側のプレイヤーを脱落させること。

​その他、特殊な勝利条件を持っている第三陣営もあります。

ゲームの流れ

​まず全てのプレイヤーにランダムで役職カードが配られます。

プレイヤーは役職カードによって自分自身の役職とどの陣営かがわかります。

(自分自身の役職カードは他のプレイヤーに見せてはいけません。)

ゲームは、昼と夜のターンが交互に進行していきます。

夜になると、人狼がプレイヤー1人に襲撃し、そのプレイヤーは犠牲者となり脱落(死亡)します。

また、特別な能力を持つ役職のプレイヤーは能力を発動できます。

次の日の朝、昨夜の犠牲者が発表され、昼の行動へと進みます。

プレイヤー同士は決まった時間内で議論し、多数決による投票で怪しいプレイヤー1人を処刑します。

処刑されたプレイヤーはゲームから脱落(死亡)し、ゲームに参加できなくなります。

​これを、各陣営の勝利条件が達成されるまで繰り返します。

  © 2020 どこでも人狼